story

週末陶芸家フジサキウサジは、2人の陶芸家からなるユニットです。

こんな内容で、ブログ記事を書き始めたのは2年半前のことです。

当時、陶芸教室に通っていた私たちが、陶芸家を名乗り、情報発信していく上で
必要だと感じ、考え抜いて決めた「週末陶芸家」の肩書きと
2人の名前をシャッフルして名付けた「フジサキウサジ」の名称。

陶芸歴1年やそこいらの当時の私たちは、その後イベント出展・個展などなど
冷静になって考えれば、怖いもの知らずの行動力!(笑

そして、陶芸歴3年を数えた今、その頃には夢にさえ思ってもいなかった
『自分たちの工房を持つ』を実現させました。

私たち、ウサジ2人の工房が完成しました。
多くの皆様のご助言、ご尽力、ご理解、ご協力によって
ウサジの工房が生まれました。

画像の説明

自分たちの工房と言っても、Kオーナー様(以下 Kさん)がおり、ウサジ2人はお家賃を
お支払いした上で、休日限定で自由に使わせていただく
「自分たち」の工房です。

お借りした工房ですが、Kさんには、この工房に関してかなりの自由を
認めていただいています。この工房を私たちの名前を冠した「ウサジ工房」と
名付けることも承認していただきました。それ以外にも
普通では、考えられない好条件で、ウサジはこの工房を使わせていただいています。

画像の説明

先代・先先代の思いを引き継ぎ

約20年前。Kさんの知人である陶芸家がお亡くなりになったことから、窯を譲り受け
この工房を作りました。

紆余曲折を経てこの数年間、ほぼ放置されていたこの工房を
ウサジ2人とKさんが力を合わせてDIYで2ヶ月かけてリフォームしました。

Kさん。そしてその前の先代の陶芸グッズ?は溢れるばかりにあります。
その一つ一つに挨拶をして、整理整頓をし、ウサジが使いやすいように
変化させていく作業の日々・・。

ウサジらしい工房へ

見た目のリフォームはもちろんのこと、ウサジ2人が最も大切に感じているのは
「ウサジの気持ちと体をこの工房になじませる」
「工房の空気をウサジの空気に変えていくこと」

この2つを達成する意図で、誰かに任せるのではなく、全てを自分たちの力で
DIYで作り上げること。2ヶ月以上の時間が必要でした。

画像の説明

おかげさまで、予想以上に居心地の良い空間が出来上がりました!

私たちは、自分たちの工房を持つとした時から、決めていました。

ウサジとともに、陶芸を楽しみたい方々と一緒にやりたい!

仲間を見つけ、仲間と一緒に陶芸を楽しむことを大前提にして、工房の空間を作りました。

画像の説明

陶芸教室にしない

ウサジは陶芸をどこかの学校で学んだ経験もなければ、窯元さんで修行を積んだ
訳でもないので、陶芸を教える先生ではありません。

という訳で、ウサジ工房はいわゆる陶芸教室ではなく、
皆で、陶芸を楽しむ「会員制の陶芸工房」という位置付けにしたいと
考えました。

陶芸の先生ではなく

同じ工房で陶芸を楽しむ仲間のリーダーさんくらいの位置付けです。
陶芸に関して、手取り足取りのお世話はしません(できません)が

わからないことがあったら、相談に乗る。一緒に調べる。考える。
という方式で進めていくことが私たちの願いです。
*もちろん、作品については、最後まで責任を持ってやります。

画像の説明

ウサジと一緒に陶芸を楽しんでみたい方。

ぜひ!ウサジ工房へお越しください。

週末陶芸家フジサキウサジ2人が、笑顔でお出迎えいたしま〜す!